乾燥肌を防ぐ

鏡を見る女性

一般的に肌の老化の症状は、シミやシワたるみ乾燥クマくすみなどといった症状があられてきます。 これらの症状があられるのは顔だけではなく体中の皮膚にあらわれますが、肌のアンチエイジングケアとして主にフェイスケアを中心に行っている人がほとんどで、首筋から胸元にかけてのラインや手などにも顕著に老化の症状があらわれてきますので対策が必要です。 首筋から胸元のアンチエイジングケア、いわゆるデコルテケアはフェイスケアと同じ製品を使用してケアすることで十分です。 デコルテにあらわれる症状は主にシワやシミになります。お風呂上がりにフェイスケアと同時に同じスキンケア用品でケアが出来ます。デコルテケアはマッサージも効果的です。

手に現れる老化は主に乾燥やシワたるみシミなどといった症状があらわれてきます。手の老化は乾燥と紫外線による影響が大きくあらわれます。 手は顔と同様に日光に晒される機会が非常に多いので、手のUVケアを行っていないと症状があらわれやすくなります。 ハンドケアはデコルテケアのようにフェイスケアと同様のスキンケア用品の使用でも効果は十分に期待できます。その他にもハンドクリームの使用や、ハンドマッサージそして洗い物などの水仕事の際には、ゴム手袋などを使用して行うことで手の乾燥を防ぐことができアンチエイジング効果を高めることが出来ます。 そしてデコルテケアもハンドケアもフェイスケアのように毎日行うことが重要です。